ピアニスト原田英代オフィシャルファンクラブ「英代&フレンズ」

プロフィール

東京藝術大学、同大学院を経て、渡欧。モスクワ音楽院のヴィクトル・メルジャーノフ教授の下で研鑚を積む。84年ジュネーヴ国際コンクール最高位、91年シューベルト国際ピアノコンクール(独)第1位、そして、93年モスクワにおける第1回ラフマニノフ国際ピアノコンクールで旧西側参加者の中で唯一入賞を果たす。

これまでにNHK響、読売日響、日本フィル、新日本フィル、スイス・ロマンド管、WDRケルン放響、南西ドイツ・フィル、ジョルジュ・エネスコ・フィル、チェコ・ナショナル響など世界各地のオーケストラと共演し、M.ヴィオッティ、C.アルミンク、V.ヴァーレック、尾高忠明、小泉和裕、円光寺雅彦、本名徹二などの指揮者と共演。ラインガウ、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ベートーヴェン、ルートヴィクスブルク等、ドイツの主要音楽祭より定期的に招聘を受けている。

また、ドイツを代表する俳優たちとの朗読付きコンサートを開催しており、ドイツ演劇界の最高峰と謳われる大女優コリンナ・ハールフォーフとの共演は「強力なデュオ」と讃えられている。

03年より、10回にわたるシューベルト・チクルスを開催。ピアノ独奏、室内楽、歌曲などの幅広いジャンルの作品を網羅したプログラムを展開し、ボロディン弦楽四重奏団、R.トレーケル(バリトン)、M.シモニアン(ヴァイオリン)、J-P.マインツ(チェロ)等と共演。12年より、連続演奏会『作曲家の絆』を開始。第1回目のボロディン弦楽四重奏団との公演は、朝日新聞において「とてつもないピアニスト」と絶賛される。

12年7月、明治神宮にて行われた明治天皇百年祭にて奉納演奏を行う。

ドイツのアウディーテレーベルより、グリーグ、チャイコフスキー、ラフマニノフ、シューマン、シューベルトのCDをリリース。英“Gramophone”誌 推薦盤、独 “FONO FORUM”誌 今月の星等世界の音楽誌や新聞で高い評価を得る。日本においても、読売新聞やレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。

14年7月、みすず書房より初となる著書『ロシア・ピアニズムの贈り物』を出版。

原田英代 ロシア・ピアニズムの贈り物

99年中国電力協賛第5回エネルギア音楽賞、01年山口県芸術文化振興奨励賞受賞。

「これほどまでに自己の感動を聴衆に伝えることに専念できるピアニストは日本では稀有な存在」と評され、女流ピアニストとは思えないスケールの大きさと柔らかな繊細さを兼ね備えた真の実力派ピアニストとして賞賛されている。